« splitメソッド | トップページ | ポリラインもどき »

2018年12月 6日 (木)

slice メソッド

split メソッドに、slice メソッドを併用すると、新しい配列を抽出できます。

//splitとsliceを併用
str="0 1 2 3 4 5 6"
arry=str.split(/\s+/).slice(2,5)
//画面表示に、arry=[ ]を付加
msg="arry=" + "\r\n"
msg +="["+ arry +"]"
//
//メッセージボックスに表示
WScript.echo(msg)

スプリクトは、slice (開始位置[,終了位置]) と記述します。
このスプリクトの場合、開始位置2 は、先頭から3 番目、
終了位置は、先頭から 5 番目になります。
※終了位置を省略すると、最後まで。

Slice

|

« splitメソッド | トップページ | ポリラインもどき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: slice メソッド:

« splitメソッド | トップページ | ポリラインもどき »