« 直方体・円柱のモデリング | トップページ | モデルの保存 »

2016年1月12日 (火)

2Dスケッチからのモデリング

3DCADは、面を確定、高さを付加してモデルを作成します。
今回は、2Dスケッチを利用した、モデリングの紹介です。

Fusion 360は、キーボードから、スケッチ画面を起動することができます。
L(線)または、C(円)を入力すると、面選択の画面が表示され、
面を選択すると、平面の画面に変わります。

注) 起動直後は、ツールバーの"スケッチ"で開始してください。 1/16追記

線コマンドは、2点を左クリックで直線を作図、
左ドラッグしながら、端点を指示すると円弧を作図することができます。
今回は、R(矩形)も使い、不要な線は、T(トリム)から左ドラッグで消去しました。
続けて、E(押し出し)から、面と高さを指定し、Enterで確定です。

|

« 直方体・円柱のモデリング | トップページ | モデルの保存 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/63055101

この記事へのトラックバック一覧です: 2Dスケッチからのモデリング:

« 直方体・円柱のモデリング | トップページ | モデルの保存 »