« 実点に円 | トップページ | 実点作図(改) »

2013年8月31日 (土)

実点に円(改)

"実点に円"の外部変形を更新しました。
誤操作でスキップした時のエラーを回避し、前回値で作図します。

前回入力した値をスキップで繰り返し使用する例になります。
外変実行ファイルと同一フォルダ前回値を記録した"rad.txt"を使用します。

◇jgawk -vR=%1 'BEGIN{if(R!=""){print "rad",R;exit}}{print $0}' rad.txt>trad.txt
スキップすると rad.txt の内容をそのまま trad.txt に書出します。
Key入力した場合は、文字列 "rad"と入力した半径を書出します。
例) rad 8
◇copy trad.txt rad.txt
trad.txt を rad.txt としてコピーし、次回の操作で使用できる様にします。
◇copy trad.txt+jwc_temp.txt
trad.txt の下行に jwc_temp.txt の内容を追記します。
◇jgawk -vR=%1 '・・・/^^rad/{if(R==""){R=$2}}・・・/^^pt/{$1="ci";$4=R;print $0}'
Key入力の有無によって、半径Rの値を選択し、jwc_temp.txt に書出しします。

----------
@REM 実点に円作図(改)
@echo off
REM #jww
REM #cd
REM #h1 範囲選択
REM #hc 実点を範囲選択してください
REM #ht10 ブロック図形除外
REM #c 半径を入力してください |前回値/スキップ|
REM #e
jgawk -vR=%1 'BEGIN{if(R!=""){print "rad",R;exit}}{print $0}' rad.txt>trad.txt
copy trad.txt rad.txt
copy trad.txt+jwc_temp.txt
jgawk -vR=%1 '/^hq/{if(NR==1){print "he 半径を入力してください";exit}}/^^rad/{if(R==""){R=$2}}/^^pt/{$1="ci";$4=R;print $0}' trad.txt>jwc_temp.txt
del trad.txt
goto end
# 対象は、同一レイヤグループ
# 範囲選択 ⇒ 半径入力
# 実点以外の図形(ブロック図形を除く)を選択しても可
# 但し、寸法線端点の実点は、選択しないでください
# 書込み線色/線種で作図
# 右クリックで再実行
:end

|

« 実点に円 | トップページ | 実点作図(改) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/58098236

この記事へのトラックバック一覧です: 実点に円(改):

« 実点に円 | トップページ | 実点作図(改) »