« 制御コード解説 #9 | トップページ | 実点作図 »

2010年8月11日 (水)

制御コード解説 #10

制御コード "10000" は、線記号変形データを組合せる場合に使用します。
"10000"の後に、実行するデータの順番を記述します。

Kigou_10

下記は、任意角度引出線/先端矢印のバルーン作図です。

1 バルーン
500 -20 -20
760  10  10
00  06  0  0  10  10  1  1 
06  00  10  10  0  360  1  0  -11  e  2.5
25006  06  10  10  20  10  10000  403  -1 "N
10000  2
998
#
1 伸縮
110  01  -10  0  0  0
10000 3
999
#
0 矢印
110  01  0  0  0  0
01  01  0  0  -3  0.8  1
01  01  0  0  -3  -0.8  1 
999

制御コード解説は、今回で終了になります。
オリジナル線記号変形データの作成にお役立てください。

|

« 制御コード解説 #9 | トップページ | 実点作図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/49122982

この記事へのトラックバック一覧です: 制御コード解説 #10:

« 制御コード解説 #9 | トップページ | 実点作図 »