« CSV保存 | トップページ | 制御コード解説 #6 »

2010年7月16日 (金)

表作図

Excel データを利用して、簡単な表を作図する外部変形です。 download
すでに、いろいろな外部変形が公開されているようですが・・・・・。

注) 解凍後、フォルダ名が、"xls_table" となるようにファイルを更新 7/17

◇操作方法
外部変形用バッチファイルから、指定したExcelファイルを開き、
編集後、"閉じるボタン"をクリックするとJWWに戻り、表を作図します。
実行中、DOS窓が、開いたままになりますが、正常動作です。

詳細は、同梱の"readme.txt"/ "table.xls" のSampleシートを参照してください。

Xlstable

◇初期設定のパスは、C:\jww\xls_table\table.xls です。
解凍した "xls_table"フォルダを、Jwwフォルダに保存してください。
別のフォルダに保存する場合は、
"table.bat"に記述したパスを変更してご利用ください。

◇同梱した、"table.xls" には、マクロは保存していません。
マクロの保存方法は "CSV保存" を参照してください。

|

« CSV保存 | トップページ | 制御コード解説 #6 »

コメント

こんにちは、お久しぶりです。

教えて頂けますか---
"table.xls" のマクロがストップするようになってしまいました。
以前、EXCEL2003の時は問題なかった?のですが、20010になってからのように思います。

色々と試してみたり、VBAをネット検索してみたのですが解決できなく、お願いすることになりました。

操作は、外変から「table.exe」を起動・編集後×で終了すると、エラー表示後、VBEが表示され、"黄"表示バーになります。

ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=mypath & "\" & myfilename, FileFormat:=xlCSV

自分なりに、変更してみたのですが解決できませんでした。

現在、EXCEL2010を使用してます。

ヒントの意見等ありましたら、よろしくお願いします。

投稿: R.N | 2015年11月 2日 (月) 21時18分

<追記)

エラー内容は

実行時エラー'1001'
'SaveAs'メソッドは失敗しました:'_Workbook'オブジェクト

と表示され、[デバッグ]をクリックすると、VBEに移行し、前記スクリプト部分が、"黄色"バー表示になります。

投稿: R.N | 2015年11月 2日 (月) 21時38分

こんにちは、
実行時エラー'1004'の間違いでした。
一応、こんな感じにしてみました。

------------------------------------
Sub save_xlscsv()
Dim lastRow As Long, row As Long, lastCol As Integer, col As Integer
Dim fileNumber As Integer, csvFile As String
Dim oRange As Range

' xls保存
ActiveWorkbook.save

' csv保存
'ここを使用してみたのですが、旨くいかず、断念、直接指定。
'myfilename = Replace(ActiveWorkbook.Name, "xls", "csv")
csvFile = ActiveWorkbook.Path & "\table.csv"

Set oRange = ActiveSheet.UsedRange

lastRow = oRange.row + oRange.Rows.Count - 1
lastCol = oRange.Column + oRange.Columns.Count - 1

fileNumber = FreeFile

Open csvFile For Output As #fileNumber

For row = 1 To lastRow
For col = 1 To lastCol - 1
Print #fileNumber, Cells(row, col) & ",";
Next
Print #fileNumber, Cells(row, col) & ""
Next

Close fileNumber

'bookが残ってしまいますが?
Application.DisplayAlerts = False
ActiveWorkbook.Close
Application.DisplayAlerts = True

End Sub

投稿: R.N | 2015年11月 3日 (火) 14時25分

R.Nさん、こんばんは、お久ぶりです。

ずいぶん前に作ったものだから、忘れてしまってます。(ーー;)
一応、Excel2010の環境はあるので、試してみますが、
気長にお待ちください。m(__)m

投稿: somem | 2015年11月 3日 (火) 17時24分

すみません
レス頂きありがとうございます。

思いつきだったのですが、
現在製作図面を書いていて、材料表を書くのが面倒だな~と思い、somemさんの「表作図」があったな~と思いだし、使ってみた次第です。
プログラミングは、ど素人ですので、みなさんのを引用させて頂いてるだけです。

急ぐことはありませんので、よろしくお願いします。

投稿: R.N | 2015年11月 3日 (火) 19時10分

必要かどうかは分かりませんが、
現在の環境は

OS Win7_64
Jw_7.11

です。

投稿: R.N | 2015年11月 3日 (火) 19時19分

R.Nさん、こんばんは。

Excel2010で検証してみましたが、マクロコードは現状のままでも、
動作に問題はありませんでした。
不具合が確認できませんでしたので、こちらで検証した手順を紹介します。
お手数ですが、再度、ダウンロードしてお試しください。

1.解凍後、"xls_table"フォルダをjwwフォルダ直下に保存
2.フォルダ内の"table.xls"を開く
3.マクロを追加
 メニュー⇒開発⇒Visual Basic⇒挿入⇒標準モジュール
 ⇒コードを貼り付け⇒Visual Basicを閉じる
4.ブックの上書き保存を実行
 ※拡張子は、.xlsのまま、97-2003ブックで保存されます。
 閉じると同時に、"table.csv"をフォルダ内に保存。
5.外部変形から、"table.bat"を起動し、表作図をクリック
 基準点を指示すると、"table.xls"が開きます。
注)この時、マクロのセキュリティ設定によっては、
 エクセルの警告バーに"コンテンツの有効化”が表示されるので、
 有効化をクリックします。
 次回からは、表示されないはず。
6."table.xls"を×ボタンで閉じると、表を作図できます。

Excel2010形式のブックを使用する場合は、
4.名前を付けて保存を実行
 ファイルの種類をマクロ有効ブックで保存します。
 拡張子は、.xlsmで保存され、閉じると、"table.csvm"が作成されます。
 この場合は、外変用バッチファイル"table.bat"をメモ帳等で開き、
 下記ファイル名の変更が必要になります。
  tabke.xls⇒table.xlsm
  table.csv⇒table.csvm 

最後に、"table.bat"の1行を、下記に修正すると、
任意フォルダ内で外変を実行することができます。
※Excel2010の使用とは、直接関係ありません。

start /W excel.exe C:\jww\xls_table\table.xls
 ⇒start /W excel.exe table.xls
2010ブックの場合は、table.xls⇒table.xlsm

投稿: somem | 2015年11月 4日 (水) 20時51分

こんばんは、

C:\jww\[外部変形]\somemさん\xls_table\
の中に外変を入れて、batのpathを設定していました。
C:\jww\xls_table\table.exe
にしたら問題なく動作しました。(゚-゚;)ウーン

原因は?ですが、
ありがとうございま~すヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
ご面倒お掛けしました。
有難く使用させて頂きます。

投稿: R.N | 2015年11月 4日 (水) 21時41分

2010でも使えるようになりました。
すみませ~んヽ(^◇^*)/ ワーイ

投稿: R.N | 2015年11月 4日 (水) 22時22分

C:\jww\xls_table\table.exe
は、間違いで、C:\jww\xls_table\フォルダー内にすべて移行です。ごめんなさい

投稿: R.N | 2015年11月 4日 (水) 22時34分

R.N さん、こんばんは。

動作できるようになって、よかったです。
また、何かありましたら、いつでもどうぞ。

投稿: somem | 2015年11月 4日 (水) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/48893584

この記事へのトラックバック一覧です: 表作図:

« CSV保存 | トップページ | 制御コード解説 #6 »