« 制御コード解説 #5 | トップページ | 表作図 »

2010年7月 7日 (水)

CSV保存

Excel ブックを閉じる時、
xlsファイル保存(上書き)/csvファイル保存(上書き)を実行するVBAマクロです。
ちょっと気分転換に・・・・・。

--------------------
Sub Auto_close()
'
Dim mypath As String
Dim myfilename As String
    ' 確認メッセージ非表示
    Application.DisplayAlerts = False
        mypath = ActiveWorkbook.Path
        myfilename = Replace(ActiveWorkbook.Name, "xls", "csv")
        ' xls保存
        ActiveWorkbook.Save
        ' csv保存
        ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=mypath & "\" & myfilename, FileFormat:=xlCSV
        ' 閉じる
        ActiveWorkbook.Close
    Application.DisplayAlerts = True
End Sub
--------------------

Excel ブックにコードを保存する手順は、

◇ツール ⇒ マクロ ⇒ Visual Basic Editor をクリック

Macro_1

◇挿入 ⇒ 標準モジュールをクリック

Macro_2

◇Module1 に コードをコピー&貼り付け

Macro_3

◇Visual Basic Editorを閉じて、ブックを "名前を付けて保存"

|

« 制御コード解説 #5 | トップページ | 表作図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/48821406

この記事へのトラックバック一覧です: CSV保存:

« 制御コード解説 #5 | トップページ | 表作図 »