« プーリーと角ベルト | トップページ | 擁壁 »

2009年3月23日 (月)

円と円の接線

角ベルトのモデリングで、フォローミーツール用のパスを作図する手順です。 

大きな円の半径と同じ距離で構築線を作図。

Tang_1

作図した構築線を基準に、小さな円の半径と同じ距離で構築線を作図。

Tang_2

中心間距離で内側の構築線上に、小さな円の中心点を作図。

Tang_3

緑の軸上と、小さな円の中心点上に構築線を作図

Tang_4

交点間を線ツールで結び、片側の接線を作図。

Tang_5

中心点間を結ぶ構築線を基準に反転複写します。

Tang_6

円弧ツールで、"頂点に接する "が表示される位置に円弧を作図。

Tang_7

小さな円弧側も、同様にして作図し完成です。 

Tang_8  

3/24追記                                              Jwwで作図した"接線" をdxf からインポートすると、精度が上ります。           注)円弧は、円弧ツールで作図したものです。

Tang_dxf  

|

« プーリーと角ベルト | トップページ | 擁壁 »

コメント

somemさん、こんにちは。

リンクさせていただいています。

中心間距離をびしっと決めるのが難しくないですか?

これは任意点からの円の接線にも通じることだと思いますが、
精度を0.000000とかにしてみると微妙な誤差私は出ました。

スクリプトや電卓の計算しかないかもと思うようになりました。

投稿: MASA | 2009年3月24日 (火) 19時02分

MASAさん、はじめまして。

リンクありがとうございます。
こちらもリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

>中心間距離をびしっと決めるのが難しくないですか?

円が書けないので、GSUだけでモデリングすると、
誤差はいたしかたないかなと思ってます。(-_-;)

>スクリプトや電卓の計算しかないかもと思うようになりました。

中心間距離を正確に出したい場合は、
2Dで作図して、dxfからインポートという方法は
どうでしょうか?
電卓代わりにはなる気がします。 記事に追記しました。m(__)m

投稿: somem | 2009年3月24日 (火) 22時34分

はい、JWで描いてDXFからインポートはOKだと思います。

ただ、今度GSUで講習会を開くことになっているので、できればGSUのみで完結できないかなと思案しています。(2つのCADの操作法をやるとなると時間がないので)

任意点からの接線が必要な、私のブログの擁壁の課題は、最初JWWで解きました。次にAutoCADのソリッドモデリングで解きました。一番簡単なのはAutoでした。しかし、みんなが高価なAutoを持っているわけではないので、GSUでどこまでやれるか見極めたい気がしています。長文失礼。

投稿: MASA | 2009年3月24日 (火) 23時16分

MASAさん、お疲れさまです。

擁壁の課題ですが、
壁は、垂直に立っているんですよね。
うーーーん、平面図がよくわかりません。m(__)m

投稿: somem | 2009年3月25日 (水) 00時14分

拙宅の
法面展開課題3(法のある擁壁のぶつかったときの展開?)
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/me109e4jp/view?.date=20051114&.utc=1132381104
あたりを参考にしてください。

投稿: MASA | 2009年3月25日 (水) 10時09分

MASAさん、どうもです。

"前法S=1:0.5天端幅0.5裏直"
これが理解できないんですよ。(ー_ー)!!
メカ屋的には、断面図が欲しいところです。

投稿: somem | 2009年3月25日 (水) 20時51分

まことにすみませんでした。(土木用語でした)

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/me109e4jp/view/20060708

に似たような断面図がありますが、

前法S=1:0.5は擁壁の断面図の前の傾きのことで、1m真下に下がると前に0.5m出るような傾きです。

天端幅0.5は上の水平なところの幅が0.5m

裏直はうしろの面は傾いてなく垂直になっているということです。

関心を持っていただいて感謝いたします。

投稿: MASA | 2009年3月26日 (木) 13時37分

MASAさん、ご教示ありがとうございます。

擁壁の形が、ようやくわかりました。
プラグインを使った、スケッチアップ的な解はありますが、
MASAさんの望む精度でできるかどうかは、疑問です。m(__)m

投稿: somem | 2009年3月26日 (木) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/44436344

この記事へのトラックバック一覧です: 円と円の接線:

» [Script!3D+GSU] 円間接線 [AFsoft World]
接線ネタその2〜somemさんのブログでは2円間の接線について話されていましたので、Script!3D で円間接線を作図してみます。先日の点〜円接線のロジックが一部で使えます。 // 円間接線 #VAR  cx1 = -20  ;*円1中心X座標  cy1 = -30  ;*円1中心Y座標  cr1 = ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 00時28分

« プーリーと角ベルト | トップページ | 擁壁 »