« 座標軸をリセット | トップページ | 引出線 »

2009年1月 5日 (月)

マテリアルの追加

新しいマテリアルを追加する手順です。
GSUのマテリアルは、 拡張子"skm"になります。

追加するマテリアルの元画像を、**.jpg として作成しておきます。
ファイル形式は、"bmp"でも可能ですが、ファイルサイズが大きくなります。

ペイントツールから、"マテリアルを作成"をクリック。

Material_1

マテリアルのファイル名を入力して、 例) test
"テクスチャイメージを使用する"にチェックを入れます。

Material_2

"イメージを選択"のウィンドウが開いたら、作成した画像ファイルを開きます。

Material_3

マテリアルが取り込まれたら、OKをクリック。

Material_4

モデル内の最後に追加された、新しいマテリアル上で右クリック、
"名前を付けて保存"を選択し、保存するフォルダを指定します。
タイルのフォルダに追加する場合のパスは、
C:\Program Files\Google\Google SketchUp 6\Materials\Tile

Materialsフォルダ内に"新しいフォルダ"を作成し、保存することもできます。
C:\Program Files\Google\Google SketchUp 6\Materials\新しいフォルダ

Material_5

タイル内に追加されました。

Material_6

削除する場合は、削除するマテリアル上で右クリック ⇒ 削除を実行。

|

« 座標軸をリセット | トップページ | 引出線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/43650122

この記事へのトラックバック一覧です: マテリアルの追加:

« 座標軸をリセット | トップページ | 引出線 »