« 3平面の交差 | トップページ | バスタブ »

2008年12月 2日 (火)

溝付シャフト

両端にEリング用の溝をつけたシャフトです。
形は簡単ですが・・・・・。

Shaft_1

オフセットツールで、溝の外形を作図。

Shaft_2

プッシュプルツールでスイープ。

Shaft_3

オフセットツールで止め輪の外径を作図。

Shaft_4

プッシュプルツールで、2つの面をスイープ。

Shaft_5

Alt +移動ツールで、内側の面を移動すると、先端がC面になります。

Shaft_6

Shaft_7

反転する部分を選択、プラグイン "mirror.rb" を実行。

Shaft_8

円筒面の中央にマウスを移動し、中点が表示される位置を3ケ所クリック。
推定機能だけで、反転する基準面を指定することができます。

Shaft_9

反対側に反転複写されます。

Shaft_10

選択を解除しないで、移動ツールを実行。
軸方向にマウスを移動して、指定長さを入力して完成。

Shaft_11

Shaft_12

|

« 3平面の交差 | トップページ | バスタブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/43304163

この記事へのトラックバック一覧です: 溝付シャフト:

« 3平面の交差 | トップページ | バスタブ »