« 曲面をプッシュプル | トップページ | ドミノ »

2008年9月 4日 (木)

複数の選択面をプッシュ

選択した複数の面をプッシュできるプラグイン "FacePusher.rb" の使い方です。
"ruby library depot"で、入手できます。

プッシュする面を作図。

Fig_1

選択ツールで左から右に矩形選択。

Fig_2

面が選択されます。

Fig_3

面を除外する場合は、Shift+選択ツールで面をクリック。
線が選択されたままでも問題はないです。

Fig_4

メニュー ⇒ Plugins ⇒ Push Faces をクリック ⇒ Distanceを入力。

Fig_5

選択した面が同一高さでスイープされます。

Fig_6

面を選択し、プラグイン実行前に 右クリック ⇒ 面を反転 させます。

Fig_7

Distanceに厚さと同じ値を入力して実行すると、開口部になります。

Fig_8_2

Fig_9

Fig_10

|

« 曲面をプッシュプル | トップページ | ドミノ »

コメント

初めまして、初めてコメントさせていただきます

複数の面を選択してのpushpullは今まで出来なかったので
とても便利なプラグインですね
こちらで紹介されていなければ、完全に見落とすところでした

紹介ありがとうございました

一昨日からコンテキストメニューからも使えるように改変して
使っています

投稿: Tosiharu K | 2008年9月12日 (金) 15時32分

Tosiharu Kさん、はじめまして。

範囲選択できるので便利ですよね。
Pullは、面を反転させずに、マイナス値の入力でもOKです。
できれば、プラグインを実行したら、
数値入力待ちっていうのがいいんですけど・・・・・。
残念ながら、私には改変するスキルがないです。(-_-;)

ではでは、今後ともよろしくです。

投稿: somem | 2008年9月12日 (金) 21時42分

数値入力待ちは良いですね。
僕も、スクリプト書けないんで
他力本願と言うことで、誰かに聞いちゃいましょう。

投稿: Tosiharu K | 2008年9月14日 (日) 09時45分

Tosiharu Kさん、おはようございます。

>他力本願と言うことで、誰かに聞いちゃいましょう。

ひたすら、待つだけですね。
作者さんが、気づいてくれればいいのですが・・・・・。
Push-Pullは、単純な操作の方が喜ばれると思います。

投稿: somem | 2008年9月14日 (日) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/42381130

この記事へのトラックバック一覧です: 複数の選択面をプッシュ:

« 曲面をプッシュプル | トップページ | ドミノ »