« 蚊取り線香 | トップページ | 丸穴の複写 »

2008年8月13日 (水)

2.5Dで螺旋

SUのモデリングで、2.5Dの螺旋を利用していますが、
螺旋の2.5Dデータを少しだけ解説しておきます。

Fig1

螺旋は、原図円に下記のデータを付加します。

h1 : 原図円(開始円)の高さ
h2 : 追加円(終了円)の高さ
dθ : 分割角度 ( 0の場合は、30°)
dx/dy : 追加円中心のズレ量
r1/r2 : 追加円の半径(長軸/短軸)
θ : 巻付け角 (巻数がnの場合 θ=360Xn)
*回転方向を逆にする場合は、θをマイナスデータにします。

原図円と追加円の直径が同じ場合。

Fig2

追加円の中心をX方向にズラした場合(dx=20)

Fig3

追加円の半径を変化させた場合 (r1=30,r2=30)

Fig4

渦巻きの場合 (h2=0)

Fig5

|

« 蚊取り線香 | トップページ | 丸穴の複写 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/42160132

この記事へのトラックバック一覧です: 2.5Dで螺旋:

« 蚊取り線香 | トップページ | 丸穴の複写 »