« ウォールブラケット | トップページ | アンバランス »

2008年6月11日 (水)

ウォールブラケット2

ウォールブラケットのモデリング手順は、こんな感じです。
解説は、カバーの部分だけです、すいません。m(__)m

ランプのカバー下側の凸部分の断面形状を作図
円の分割数16

1

2

プッシュプルツールでスイープした後、グループ化。

3

回転ツールで前方に傾けます。

4

円ツールでカバーの外径を作図。分割数は16
10°傾斜させた構築線から、断面形状を作図。

5

45°分の円弧を選択し、フォローミーツールを実行。

6

プッシュプルツールで、両側の面を少し余分にスイープ。          

7

グループ化して、最初のモデルに重なる位置まで回転移動。

8

円ツールで面を作り、両方のモデルに交差させます。

9

モデルを分解。

10

"モデルと交差"を実行し、不要部分を消去。
必要な面が消去されてしまう場合は、線ツールで辺を再作図してください。

11

12

回転ツールで45°複写します。

13

続けて、*7 を入力して、全周に複写。

14

全選択して、"モデルと交差" を再度実行し、不要部分を消去。

15

円弧ツールで、球形となる上側の断面を作図。

16

ガイド円を作図/選択して、フォローミーツールを実行。

17

18

エッジスタイル "エッジを表示" のチェックを外してカバー部分の完成。

19

|

« ウォールブラケット | トップページ | アンバランス »

コメント

somem さん、こんばんは。

種明かしっ ?? b(^-^)d

凄い、力技ですね、おいらには、真似出来ません (^^;A

投稿: aki。 | 2008年6月20日 (金) 19時56分

aki。さん、こんばんは。

>凄い、力技ですね、

"交差"を使うと、線が全部分割されちゃうから、
そりゃもう大変。(-_-;)
複雑な"交差"を使うのは、もう卒業です。

投稿: somem | 2008年6月20日 (金) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/41502697

この記事へのトラックバック一覧です: ウォールブラケット2:

« ウォールブラケット | トップページ | アンバランス »