« 円柱から砂時計 | トップページ | Ctrl+プッシュプル »

2008年4月29日 (火)

矩形のR面取り

円弧ツールで矩形のコーナーにR面取りができます。

矩形を作図します。

Arc_st

半径を指定する場合は、メジャーツールで半径位置をガイド表示させます。

Arc_m

円弧ツールでガイドと辺の交点をクリック、もう一方の端点を結ぶ線が、
黒 ⇒ ピンク になる位置でクリックします。

Arc_exe1

マウスを移動し、"エッジの接線"が表示される位置でクリック

Arc_exe2

同様にして、もう一方のコーナーも面取りします。

Arc_exe3

不要な線を消去して、プッシュプルツールでスイープすると

Arc_push

|

« 円柱から砂時計 | トップページ | Ctrl+プッシュプル »

コメント

somemさん こんちゃo(*^▽^*)o~♪
 ども ごぶです。(o*。_。)oペコッ
http://hpcgi2.nifty.com/jw_cad/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=28647;id=004
 本家の質問での解答・・

 おいらのブログに2通メールきた。
 マクロが解らず・・シートが作れませんって。

 やっぱりね、必要な人がいるんだよ おいらみたいに。
 
 おいら めっちゃ嬉しかったす!

 本家の解答みて・・・
 おいらは理解出来るよ。しかし あの解答で初心者がわかるだろうか?

 点が100以上あったら?

 って考えると、somemさんに作ってもらったcord2が簡単で 明らかに早い。

 TXTで書かなくていい。

 Excel入力。外変起動 こんな 簡単なことなのを・・・座標値がどうだとか・・・って・・

 詳しい人ばかりでないのだよね・・・現場で図面描いた入り、実際に現場で指示しに動いてる人って・・。

 なんか この外変に興味がわいて、使おうとしてることに感激したっすo(*^▽^*)o~♪

 というわけで 報告にきました。

 ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪

投稿: うにょすけ | 2008年5月 2日 (金) 09時19分

うにょすけさん、お久しぶりです。

測量機が、電子データを出力できて、なおかつ
テキストデータだったら、エクセルは必要なくなるかも。
おーっと余計なことを・・・・・。(^_^;)

今後ともサポートよろしくです。

投稿: somem | 2008年5月 2日 (金) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/41033990

この記事へのトラックバック一覧です: 矩形のR面取り:

« 円柱から砂時計 | トップページ | Ctrl+プッシュプル »