« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

2.5DからSketchUp

2.5Dで斜面まで立体を完成させ、SketchUpにインポートしてみました。
実点/補助線種とレイヤ名設定だけで2.5Dデータを作成しています。
2.5Dの作図方法については、サイト内の応用例を参考にしてください。

25d_fin

続きを読む "2.5DからSketchUp"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

テンプレート

SketchUp起動時のテンプレートファイルをカスタマイズする手順です。

メートル-ミリメートル-3Dの起動画面です。

Style_3d_5

続きを読む "テンプレート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

ダブルクリック

選択ツールで面をダブルクリックすると、面とエッジを選択できますが、
他のツールでの効果的な使い方を説明します。

球を作図する場合

Follow_1

続きを読む "ダブルクリック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

円+文字

円と文字を組合わせた線記号変形です。

作図位置を指示 ⇒ 任意文字を入力

すでに公開されているものがあるかもしれませんが・・・・・。
アレンジして使いたい方はどうぞ。

080327

続きを読む "円+文字"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

トリプルクリック

選択ツールから、ジオメトリの一つの面を連続して3回クリックすると、
ジオメトリ全体を選択することができます。
範囲選択が難しい場合、とても有効だと思います。

Triple_1_2 

続きを読む "トリプルクリック"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

円筒壁に窓

円筒の壁に窓を設置するイメージでモデルを作図してみました。

中心指定円弧のプラグインで1/4円弧を作図
・オフセットツール/線ツールで投影図を作図
・必要な長さ/角度は、メジャーツール/分度器ツールを利用               

注)開口部は大きく作図しておいた方が、"モデルと交差"を実行後、
不要な面/線の消去が容易です。

Window_1

続きを読む "円筒壁に窓"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

任意角度の矩形作図

直交線上にある3点を指定して、任意角度の矩形を作図する外部変形です。
相談室で話題になっていましたので・・・・・。
トレースする3点がないと、実用的ではないです。

直角で交わる点を始点にしない場合、平行四辺形が作図されますので注意。
水平/垂直でも作図は可能です。矩形は、曲線属性化されます。

Rec_2

続きを読む "任意角度の矩形作図"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

ミラー反転/複写

ジオメトリをミラー反転/複写する手順です。

Mirror_1_2

続きを読む "ミラー反転/複写"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

Alt+移動ツール

移動ツールでAlt キーを併用すると、台形形状をモデリングできます。

円ツールで同心円を作図。

Circle_1_2

続きを読む "Alt+移動ツール"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

Excel データの作図(拡張版)

距離と角度から、Excel で座標データを計算し、作図する外部変形の拡張版です。
分岐コマンドから、2種類の作図が可能です。

Excel シートの作成方法は、こちらで

線種/線色は、lt */lc * で変更することができます。
レイヤは、ly * を変更してください。
縮尺は、スプリクト9行目のS=10 を変更する必要があります。
1/100の時、S=100です。

この外部変形の作成にあたっては、
盗朱さんのアドバイスをいただきました。感謝です。

Bunnki

Jww2

Jww3

続きを読む "Excel データの作図(拡張版)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

Excel マクロの記録

Excel でCSVファイル保存をマクロに記録するための手順です。

ツール ⇒ マクロ ⇒ 新しいマクロの記録を実行します。

Macro_1

続きを読む "Excel マクロの記録"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excel データの作図

ExcelからCSV形式で保存した座標データをJwwで作図する外部変形です。                  

距離と角度から、座標データを求めるExcel シートを作成してみました。

Excel_2 

注)データ入力が完了したら、Excel 形式で必ずバックアップを保存してください。 

続きを読む "Excel データの作図"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

DXFのインポート2

モデル作成途中に、新しいDXFファイルをインポートしてみます。

CADデータは、JWW情報館さんの「住宅の2.5D集」を利用させていただいています。

Import_1_2

続きを読む "DXFのインポート2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

GSUファイル間複写

クリップボードを利用して、ジオメトリを別ファイルに複写することができます。

2つのファイルを起動します。

T_window2_3

続きを読む "GSUファイル間複写"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

2.5Dレイヤ名設定(改)

すでに公開している外部変形 「2.5Dレイヤ名設定」 の高さ/奥行き取得方法を
すべて3辺選択に変更しました。

外変用バッチファイルに角度補助線の分岐コマンドを追加しました。 08/04/05

分岐コマンドに "Next" を追加しました。
外部変形 "レイヤ間移動/複写"に移動します。
相互に利用する"バッチファイル名"に注意してください。 08/04/06

外変移動後、「未実行」が表示されないようにしました。 08/04/08

Layer_name_n

「#lh h1 , h2 」の基本的な操作方法は変わりませんが、
3辺の選択方法によって、以下のレイヤ名が設定されます。

A) 基準線h0 → 基準線h0を選択(h1) → h2を選択  ⇒ 「#lh 0 , h2 」
B) 基準線h0 → h1を選択 → 基準線h0を選択(h2) ⇒ 「#lh h1 , 0 」
C) 基準線h0 → h1を選択 → h1を選択(h2) ⇒ 「#lh h1 , h1 」

* 「#lh 0 , h2 」と「#lh h1 , 0 」 は、#lh ***.** と同等のレイヤ名設定になります。

* 「#lh h1 , h1 」は、#lv ***.** と同等の作図データになりますが、
同一平面に2つの面が作図されることになります。
2.5Dだけで使用する場合は、作図実行後、重複線の整理を行ってください。

続きを読む "2.5Dレイヤ名設定(改)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »