« 目覚し時計 | トップページ | 2.5DからSketchUpへ(SketchUp) »

2008年1月 9日 (水)

2.5DからSketchUpへ(2.5D)

2.5DからSkechUpへの2.5D編です。
これから、3Dを始めようとしている方へのヒントになれば良いのですが・・・・・。

注)解説図は、JWW情報館の「住宅の2.5D集」からダウンロードしたデータを元に、
2D図面にして使わせていただいています。

アイソメ実行前の2D図です。
2.5Dコマンドを使用した数値データは使用せず、
線色 5 の実点/補助線種と線色 6 の実点で各立面を構成させます。
表示のみレイヤは、アイソメを実行しても作図はされません。

25_gsu_all_3 

線色 5 の実点/補助線種は、図形登録をしておくと便利です。

25_gsu_zukei

2.5Dを使用する場合には、平面と各立面をレイヤ分けします。            

平面図のレイヤグループとレイヤ 0 です。
レイヤ名の #lv **** は、GLからの高さを指定しています。

25_gsu_l0

25_gsu_l00    

南立面のレイヤグループと各レイヤです。
実点と補助線色の使い方を各レイヤで参考にしてください。

25_gsu_l1

25_gsu_l10

25_gsu_l11

25_gsu_l12

25_gsu_l13_2

東立面のレイヤグループとレイヤ 0 です。

25_gsu_l2

25_gsu_l20

北立面のレイヤグループとレイヤ 0 です。

25_gsu_l3

25_gsu_l30

西立面のレイヤグループとレイヤ 0 です。

25_gsu_l4

25_gsu_l40 

アイソメを実行した図です。

25_gsu_fin

この2.5Dデータは、基本平面の作図だけです。
各部の立体化は、SketchUpで行います。

続きは、SketchUp編 で。

|

« 目覚し時計 | トップページ | 2.5DからSketchUpへ(SketchUp) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/17635427

この記事へのトラックバック一覧です: 2.5DからSketchUpへ(2.5D):

« 目覚し時計 | トップページ | 2.5DからSketchUpへ(SketchUp) »