« 選択図形データの読込み | トップページ | 寸法編集 »

2007年6月 6日 (水)

ストレッチ

ストレッチ機能+寸法編集のスプリクトを試してみました。
実用には、まったく向いていませんが・・・・・・。

070605

<stretch.bat>
--------------------
@REM ストレッチ
@echo off
REM
REM #jww
REM #cd
REM #h2 図形選択
REM #c 伸縮する値を入力してください
REM #hr
REM #e
REM
jgawk -vDX=%1 -f stretch.awk jwc_temp.txt>temp.txt
copy temp.txt jwc_temp.txt
del temp.txt
--------------------

<stretch.awk>
--------------------
#ストレッチ
BEGIN{print "hd";dx=DX}
#寸法値の変更
/^cs/{chr=substr($6,2,20);dq=substr($6,1,1);split(chr,a," ");
dim=a[1];dim=dim+dx;ch=dq dim;
printf "%s %.15g %.15g %.15g %.15g %s\n","ch",$2+dx/2,$3,$4,$5,ch}
/^ch/{chr=substr($6,2,20);dq=substr($6,1,1);split(chr,a," ");
dim=a[1];dim=dim+dx;ch=dq dim;
printf "%s %.15g %.15g %.15g %.15g %s\n","ch",$2+dx/2,$3,$4,$5,ch}
#線データの伸縮
/^#/,/NF==0/{
if($1=="#"){next}
if($1=="msg"){next}
if(NF==1){print $1}
if(NF==4 && $1==$3){printf "%.15g %.15g %.15g %.15g\n",$1+dx,$2,$3+dx,$4}
if(NF==4 && $1>$3 && $2==$4){printf "%.15g %.15g %.15g %.15g\n",$3,$2,$1+dx,$4}
if(NF==4 && $1<$3 && $2==$4){printf "%.15g %.15g %.15g %.15g\n",$1,$2,$3+dx,$4}
if(NF==4 && $1!=$3 && $2!=$4)
{printf "%.15g %.15g %.15g %.15g\n",$1+dx,$2,$3+dx,$4}}
--------------------

|

« 選択図形データの読込み | トップページ | 寸法編集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/15328996

この記事へのトラックバック一覧です: ストレッチ:

« 選択図形データの読込み | トップページ | 寸法編集 »