« レイヤグループの書出し | トップページ | 縮尺の書出し »

2007年5月 6日 (日)

スプリクトファイル

一行スプリクトでデータが処理できない場合、スプリクトファイルが必要になります。
スプリクトファイルの拡張子は、"awk"、メモ帳で作成し "ファイル名".awk で
保存すればOKです。

バッチファイルから実行する際の表記は、
jgawk -f "ファイル名".awk  入力ファイル > 出力ファイル

例) jgawk -f  sample.awk  jwc_temp.txt > temp.txt

注)jgawk.exe と gawk..exeの両方を実行できる環境がある場合、
jgawk/gawk のどちらを使用してもOKです。

スプリクトファイルは、下記の様な構成になります。
#の行は、コメント

--------------------
#スプリクトファイルの構成
#データ処理前の準備(省略可)
BEGIN { アクション }
#データ処理
パターン1 { アクション }
パターン2 { アクション }

  -----
  -----
#データ処理後の出力操作(省略可)
END { アクション }
--------------------

|

« レイヤグループの書出し | トップページ | 縮尺の書出し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/14972837

この記事へのトラックバック一覧です: スプリクトファイル:

« レイヤグループの書出し | トップページ | 縮尺の書出し »