« データム面の指示その2 | トップページ | 破断線その3 »

2007年3月11日 (日)

表面粗さの指定

表面粗さを指定する線記号変形です。
JIS規格が改定され、表記方法が複雑になっていますが、
Raを基準にして4つの基本形にまとめてみました。

X.Xは、利用頻度の高い規格値に変更してください。
規格値毎にデータを作成する場合、文字表記の制御コード(1)/(2)を01/01にすると
数値を毎回入力する必要がなくなります。例)表面粗さ2
加工方法を特に指定しない場合は、読取範囲外をクリック(L)でOKです。

070311_2

#除去加工の有無を問わない場合
1 表面粗さ1
500 -20 -10
110 10 -5 0 5
01 01 0 0 -1.5 2.598 1 1 -1
01 01 0 0 3.464 6 1 1 -1
01 01 4.464 5 10 5 10000 602 -1 "Ra
21001 01 7.964 5 15 5 10000 602 -1 "X.X
306 308 -4.5 1 0.5 1 1 1 -1
999

#除去加工をしない場合
1 表面粗さ2
500 -20 -10
110 10 -5 0 5 0
01 01 0 0 -1.5 2.598 1 1 -1
01 01 0 1.732 0 360 1 1 -1 e 0.866
01 01 0 0 3.464 6 1 1 -1
01 01 4.464 5 10 5 10000 602 -1 "Ra 25
306 308 -1 1 0.5 1 1 1 -1
999

#除去加工をする場合
1 表面粗さ3
500 -25 -10
110 10 -5 0 5 0
01 01 0 0 -1.5 2.598 1 1 -1
01 01 -1.5 2.598 1.5 2.598 1 1 -1
01 01 0 0 3.464 6 1 1 -1
01 01 4.464 5 10 5 10000 602 -1 "Ra
21001 01 7.964 5 10 5 10000 602 -1 "X.X
306 308 -4.5 1 0.5 1 1 1 -1
25001 01 4.464 6.2 10 6.2 10000 002 -1 "加工方法
999

#全周同一面粗さの場合
1 表面粗さ4
500 -28 -10
110 10 -5 0 5 0
01 01 0 0 -1.5 2.598 1 1 -1
01 01 -1.5 2.598 1.5 2.598 1 1 -1
01 01 0 0 3.464 6 1 1 -1
01 01 3.464 6 0 360 1 1 -1 e 0.866
01 01 5.464 5 10 5 10000 602 -1 "Ra
21001 01 8.964 5 10 5 10000 602 -1 "X.X
306 308 -5.5 1 0.5 1 1 1 -1
25001 01 5.464 6.2 10 6.2 10000 002 -1 "加工方法
999

|

« データム面の指示その2 | トップページ | 破断線その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/14229231

この記事へのトラックバック一覧です: 表面粗さの指定:

« データム面の指示その2 | トップページ | 破断線その3 »