« 多角形コマンド | トップページ | 幾何公差の作図 »

2007年2月14日 (水)

データム面の指示

幾何公差の基準となるデータム面を指示する線記号変形です。

データム面の指示方向に関係なく文字を水平方向に作図できるように、
記号作図/文字入力の2つのデータを組合せて使用しています。

指示線クリック(L)⇒作図位置クリック(L)⇒仮点クリック(R)⇒文字入力

070214_r

2/18 データム面のデータを変更/正方形のサイズ、垂直線長さ

1 データム面
500 0 -30
110 10 -10 0 10 0
01 01 -2.25 0 2.25 0 1 0 -1 a1 2.25 3.897 0 0

01 01 0 3.897 0 10 1 1 -1
01 01 -3 10 3 10 1 1 -1
01 01 3 10 3 16 1 1 -1
01 01 3 16 -3 16 1 1 -1
01 01 -3 10 -3 16 1 1 -1
01 01 0 13 0 0 30000 9 -1 #文字中心位置

10000 2
997

0 文字記入
08 00 0 0 0 360 5 1 0 e 0.8 #原点位置ダミー
25000 00 0 0 5 0 10000 404 -1 "INPUT
999

|

« 多角形コマンド | トップページ | 幾何公差の作図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94529/13913378

この記事へのトラックバック一覧です: データム面の指示:

« 多角形コマンド | トップページ | 幾何公差の作図 »